ケンタッキーからの帰還

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨日の釣果

<<   作成日時 : 2009/08/10 12:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は釣りから疲れて帰ってきたのでアップできませんでした。


一昨日の夜11時頃に出発して隣のテネシー州のノーリスレイクのクリンチリバー(テールウォーター)へ行ってきました。


近くのWalmartにて仮眠をとり、4時30分に起きて朝食のサンドウィッチを食べいざ出発。

あたりは真っ暗ですが途中で鹿を数匹見ることができました。


6時頃に到着し早速準備に取り掛かります。

ウェダーを履きブラックジャックを準備。


まだ、暗いですが米人も数人準備をして早速川へ入って行きます。


私たちも、足元に気をつけ入水。



川の中央で釣りはじめます。


私はとりあえず1匹レインボウトラウトをゲット。



あたりが明るくなってきて周りの米人はそこそこ釣れているようです。


私たちは米人のタックルを見てトラウトロッドへ変更しました。



川の中央より奥が深くなっているようで、仕掛けを投入するとよく釣れているようです。


今回はフライマンは1人もいないようでした。


その後、9時55分ののダムの放水の警報までに私は33cmともう一匹のレインボウトラウトを釣りました。


kajinaoは5匹のレインボウトラウトを釣ることができました。


10時にダムの放水が始まり場所移動です。


近くのWendy'sでハンバーガー(少し早めの昼食)を食べ、

今度はケンタッキー州のカンバーランドへ向かいます。


約2時間30分のドライブです。



中部時間の16時(レキシントンの17時)まで釣りをして

kajinaoと1匹づつのレインボウトラウトを釣り終了。


今回もエラと内臓を取り、いつものをパシャッ!
画像


その後大きいサイズの2匹は3枚におろされました。


1匹分はkajinaoのチューターの先生のところへムニエル用に。


もう1匹は今晩の夕食の〆トラウトになりました。
画像






今日の昼食はkajinaoと英会話のレッスンにHOOTER'Sへ行ってきました。

HOOTER'Sについて日本の皆さんはなじみがないようなので、
ホームページのURLをはります。
 http://www.hooters.com/home.aspx

見ていただけましたか。
ウェートレスの女性があのような格好で接客をしてくれます。
忙しくない時は、テーブルの席に座ってくれて英会話の勉強となります。

でも、家族連れでも行くことができる普通のファミリーレストランです。




明日は、スポーツマンズレイクヘ少々竿を出しに行こうと思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
美味しそう〜
餌や仕掛けによって釣れ具合が違うのは納得ですが、竿によっても違うのは、どうしてなんですか
魚にとって、何が違うんでしょうか?
アリス
2009/08/12 12:36
アリスさん:
〆トラウトは非常に美味しいのですが、寄生虫という点で少々リスクがありますヨ。(笑)
竿についてですが、最初に使ったブラックジャックは黒鯛用の竿で堤防の上から堤防の際を探るための竿で自分からあまり遠くの魚を対象としていないのです。ただ竿の先が非常に細い(0.6mm)ので魚が餌を食べた時の感覚が非常に手元に伝わってきます。また、トラウトロッドに比べやわらかいので魚とのやり取りが面白いです。
それに比べトラウトロッドは、以前Woodcreak Lakeで使用した竿で、リールもスピニングリールなので錘によって餌を遠くへ飛ばすことができるので広い範囲を探ることができます。でも、遠くで魚が掛かった時にラインが沢山出ているので、あわせた時に魚がバレル可能性が高いです。それに、ロッドが短いので魚とのやりとり時、面白みに欠けます。
結局、竿がやわらかいと魚とのやり取りが面白いし、ラインが細ければ細いほど釣りとしては面白いかな。
kajinao_father
2009/08/13 10:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
昨日の釣果 ケンタッキーからの帰還/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる