ケンタッキーからの帰還

アクセスカウンタ

zoom RSS 郵政民営化に物申す

<<   作成日時 : 2009/04/14 12:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

私たち家族はアメリカのケンタッキー州に住んでいます。


郵便物(日本のクレジットカードやドコモの明細、年賀状、その他)は、以前住んでいた住所宛に届くものについては、海外支援センターという会社へ転送して1ヶ月に1回こちらへ郵送してもらっていました。

1年間の年会費が22000円、ひと月1回の郵送費用をその海外支援センターに振込みにて支払いをしておくといたシステムです。


赴任から1年が経過したので、転送届けを日本へ送ったら、海外支援センターのある麹町郵便局から電話があり、居住の事実がない(海外支援センター)には転送することができなくなったらしい。

おい!

去年は転送届けを受理して今年はダメとはなんでやねん。

さー困った。


転送先が見つからないではないか。

これから、わたし達の郵便はどうなってしまうのだろう。



郵政民営化になってから、このようなことになったらしい。


郵政民営化のバカヤロー。


郵政民営化した小泉のバカヤロー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ひどいですね〜!!
海外赴任者のことを全然考慮していないですよね。
おそらく、郵便局の上層部がいろんな事情を想定しないまま、安易に変更してしまったのでしょうね〜。
我が家は、実家に住所変更をしてあります。実家から近いので、自宅のポストの中もちょくちょく覗いてもらっているので安心です(^^)
アリス
2009/04/14 20:50
アリスさん:
とりあえず、義妹のところに転居届けを出します。一時帰国までにまた良い方法を考えます。
kajinao_father
2009/04/15 09:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
郵政民営化に物申す ケンタッキーからの帰還/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる